電話番号 088-875-2212

〒780-0834 高知県高知市堺町2-26
高知中央ビジネススクエア 5F

高知県、高知市、矯正歯科、歯列矯正、歯並び矯正、見えない矯正治療、目立たない矯正治療、八重歯、受け口、出っ歯

トップページ医院案内院長紹介スタッフ紹介コンセプト交通アクセス

治療費について

矯正治療と予防、見た目はもちろん歯の健康につながる矯正治療を目指しています

トップページ»  治療費について
Mobile Site

上記クレジットカードが
ご利用いただけます

矯正治療の費用

矯正治療は基本的に健康保険適用外の治療ですので「自由診療」となります。

治療が始まる前に必要な費用

初診料(3,000円)
実際に歯並びを見せていただいた上で、治療の必要性や治療法、治療器具や治療中の痛み、さらには抜歯の必要性や費用などについてもご説明致します。安心して矯正治療を受けるための最初の第一歩は、矯正治療についての正しい情報を知っていただくことだと思います。
検査料(20,000円)
具体的に治療計画を立てるために必要な検査の費用です。基本的にはより詳しく視診・問診を行なうとともに歯型を採ったり、顔面写真、口腔内写真、レントゲンなどの撮影を行います。ただ特殊な検査(唾液検査や顎機能検査など)が必要な場合は追加費用が必要になります。
診断料(20,000円)
検査資料をもとに治療計画の検討、治療計画書の作成、患者さんへの説明などを行なうための一連の費用です。相談は何度も必要になることもありますが追加費用が必要になることはありません。矯正治療は長期にわたる治療です。治療を始めるにあたっては将来的な計画を十分に理解した上で治療を始めていただきたいと思います。

治療が始まってから必要になる費用

治療内容によって治療費も違ってきますが一般的には5~90万円ぐらいの費用がかかります。
目立ちにくい矯正治療や裏側からの矯正治療などの場合は追加費用が必要になります。

時期や状況によって必要になる費用も様々です。
幼児や小学生の場合は治療が部分的なので治療費が少なくてすみます。
中学生以降、成人の方の治療成人でも部分的な治療が可能な場合は治療費が少なくてすみます。

当院ではどの時期の治療でも治療前に見積書をお作りして費用の総額を提示致します。
お支払いは治療期間中の分割払いになります。
何度来院されても来院毎の処置料は必要ありません。
治療途中でレントゲンなど何度資料をとっても別途費用が必要になることもありません。

また幸い治療が短期間に終わった場合は治療費の精算を行なう場合もあります。

支払い方法は決まっていますがお支払いいただきにくい場合はご遠慮なくご相談下さい。
他のお支払い方法についてご相談させていただきます。

経過観察料  50,000円
すぐ治療に入らず暫く経過観察を行っていく事になった場合に定期的に咬合管理及び口腔衛生管理を行うための費用です。
乳歯列期治療費  140,000円  期間の目安:1年  回数の目安:6~12回
混合歯列期治療費 350,000円  期間の目安:2年  回数の目安:10~20回
永久歯列期治療費 750,000円  期間の目安:3年  回数の目安:15~30回
※リスク・副作用:矯正期間中は汚れがたまりやすく、虫歯になる危険性が上がりますので通常より細やかなメインテナンスを心掛けて下さい。

どの段階の治療費もそれまでに経過観察料・乳歯列期治療費・混合歯列期治療費をすでにお支払いの場合はその分を差し引きます。
また保定期間の検査費用等は上記金額に含まれます。

治療上困難な条件が伴う場合や特殊な装置(セラミックブラケットやその他)を用いる場合、
もしくは装置の再製作・歯科衛生士によるプロフェッショナルケアなどが必要になった場合は別途料金が発生致します。

私たちからのメッセージ

見た目だけでなく歯が長持ちしなければ意味がない。「長持ち矯正治療」のためには、治療前・治療中はもちろん治療後も長く適切なお口のケアを続けていくことが大切です。当院の治療費には、矯正治療の費用に加えてお口の健康サポートの費用が含まれています。定期的な歯科衛生士のチェックと指導が受けられます。矯正治療を通して正しい「歯みがき習慣や食生活習慣」を身につけて下さい。

 

保険が適用される矯正治療

下記のような“厚生労働大臣が定める疾患に起因する咬合異常”については、厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長に届け出た保険医療機関において、保険が適応される矯正治療が可能です。当院は「健康保険適応の矯正治療が可能な施設」として厚生労働省より認定を受けています(指定自立支援医療機関・顎変形症指定機関)。下記のような症状が疑われる患者さんは是非ご相談下さい。

顎変形症
唇顎口蓋裂
その他
ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)、鎖骨・頭蓋骨異形成、クルーゾン症候群、トリッチャーコリンズ症候群、ピエールロバン症候群、ダウン症候群、ラッセルシルバー症候群、ターナー症候群、ベックウイズ・ヴィードマン症候群、尖頭合指症、ロンベルク症候群、先天性ミオパチー、顔面半側肥大症、エリス・ヴァン・クレベルド症候群、軟骨形成不全症、外胚葉異形成症、神経線維腫症、基底細胞母斑症候群、ヌーナン症候群、マルファン症候群、プラダーウイリー症候群、顔面裂、筋ジストロフィー、大理石骨病、色素失調症、口—顔—指症候群、メービウス症候群、カブキ症候群、クリッペル・トレノーネイ・ウエーバー症候群、ウイリアムズ症候群、ビンダー症候群、スティックラー症候群、小舌症、頭蓋骨癒合症、骨形成不全症、口笛顔貌症候群、ルビンスタインーティビ症候群、常染色体欠失症候群、ラーセン症候群、濃化異骨症、6歯以上の非症候性部分性無歯症(生まれつき大人の歯が6本以上欠損している方)、ビンダー症候群、スティックラー症候群

指定自立支援(育成・厚生医療)機関とは

育成・厚生医療の給付が受けられる医療機関です。
歯科矯正に関する医療においては、下記の施設基準を満たす必要があります。当院は指定機関になっています。

施設基準
  • 育成・厚生医療を行なうために必要な設備および体制(セファログラムの所有)を有していること
  • それぞれの医療の種類における専門科目について、適切な医療機関における研究従事年数が(歯科では)5年以上であること
  • これまでの研究態様と口蓋裂の矯正治療の臨床内容とに関連が認められること
  • 歯科矯正を標榜していること
  • 関係学会(日本矯正歯科学会および日本口蓋裂学会)に加入していること