電話番号 088-875-2212

〒780-0834 高知県高知市堺町2-26
高知中央ビジネススクエア 5F

高知県、高知市、矯正歯科、歯列矯正、歯並び矯正、見えない矯正治療、目立たない矯正治療、八重歯、受け口、出っ歯

トップページ医院案内院長紹介スタッフ紹介コンセプト交通アクセス

子どもの矯正治療

矯正治療と予防、見た目はもちろん歯の健康につながる矯正治療を目指しています

トップページ»  子どもの矯正治療
Mobile Site

上記クレジットカードが
ご利用いただけます

治療のタイミング

「矯正治療はいつ始めるのが良いのか?」はよく聞かれる質問です。
確かに矯正治療は子供の時期に受けている人もいれば大人になってから受けている人もいます。子供の時期に早めに不正に気づくことは大事なことです。ただ必ずしも何でも早く治療をしなければいけないわけではありません。子供は成長期なので状況によっては自然に改善されてくることもあるからです。永久歯への生え変わりで上の前歯が離れて生えてきたり、下の前歯が窮屈そうに生えてくることはよくあることです。ただ上の前歯は隣の歯が生えてくるにつれて自然に閉じてきたり、窮屈に生えかけた下の前歯が顎の成長とともに少しづつ改善されてくることもよくあることです。最終的に完全に改善されてしまうこともあります。ただ顎がずれて咬んでいるような場合には、長く放置することでますます悪い咬み合わせになっていくばかりではなくお顔まで曲がってくることがあります。重度の場合は咬み合わせもお顔の曲がりも顎の手術をしないと治せなくなるような場合もあります。このように矯正治療のタイミングは、必ずしも年齢だけで決まるわけではなく状況にもよるのです。すぐに治した方が良い場合や、早めに治しておいた方が良い場合や、むしろ全ての歯が永久歯に交換し完全に永久歯列になってから対応した方が良いと思われる場合など状況によって様々です。お子様の歯並びが気になられた場合は、治療の必要性の有無と必要性、方法や時期などについてできるだけ早めに相談されて適切なアドバイスをお受けになっておかれることをお勧めします。

 

乳歯列前期:6ヶ月〜3歳
乳歯が萌出中の時期ですが、乳歯でも生え方が気になったり1才半検診などで指摘を受けることがあるかもしれません。治すとしても本人の協力も得られないので治療をすることは難しいですが、気になる場合はご相談下さい。
乳歯列期:3歳〜6歳
全ての乳歯が萌出した後、永久歯の交換が始まるまでの乳歯列期で歯列としては安定している時期です。永久歯列と比べると大きな異常は少ないのですが指しゃぶりなどの悪習癖や睡眠姿態その他の原因で歯並びや咬みあわせに問題が起きてくることはあります。この時期になると本人の協力も得られやすくなり治療が可能な場合もありますので3歳児検診などで指摘されたような場合は是非ご相談下さい。特に「上下の前歯の正中がずれている」ような場合は、そのまま放置すると大きなお顔のゆがみにつながり、手術でないと治せない状態になる恐れがあります。この時期の治療は治療費も多額になることもありませんのでご安心下さい。
混合歯列期(小学生):6歳〜12歳
この時期は乳歯から永久歯への生え変わりの時期ですので部分的な治療しかできません。多くの場合中学生や成人になってからでも矯正治療での改善は可能ですので、「部分的治療をしておいた方が良い」かもしくは何もしないで「永久歯に生え変わってから一度に全体を治す方が良いか」を考えないといけません。歯並びは自然には治り難いものですので部分的にでも歯並びを治しておくことは悪いことではありません。子供さんにとっても部分的に歯並びが良くなっただけで嬉しそうですし、歯みがきだってしやすくなります。治療期間は長くても1年ぐらいです。部分的な治療だけで解決すれば費用も安くてすみます。もちろん部分的な治療だけでは満足な結果が得られなかった場合は、中学生以降に全体の治療をすることになりますが、部分的治療をしておいたことは次の治療に役に立つことはあってもマイナスになることはありません。
永久歯列期(中高生):12歳〜15歳
小学生以下の治療が部分的なのに対して、中学生以降では基本的には全ての永久歯が生えそろっており、大人の矯正治療と同じ全体の歯並びの治療になるため大人の矯正治療を参考にして下さい。

>> 詳しくは「大人の矯正治療」ページへ

子供の矯正治療のメリット・デメリット

子供の矯正治療は、部分的とはいえ早期に歯並びを改善することで見た目が良くなるだけでなく、環境改善により歯磨きもしやすくなります。その他にも治療に成長を利用できたり、不正の重症化を防げたり、全体の治療のための準備ができるなどそれなりのメリットもあります。ただ大人と違って本人の自覚が少ないため歯磨きや治療への協力も得られにくいなどデメリットもあります。

ただこの時期だけで問題が解決する場合もありますがそうでないこともあります。最終的な歯並び・咬み合わせは永久歯列が完成するまでわかりません。早く治療したからと言って必ずしも将来の良好な歯並びや咬み合わせが約束されるわけでもありません。早い時期の治療にメリットがあれば良いのですが、かえって害になるような対応は考えものです。その点では、子供の治療は大人の治療よりも治療の目的をよりしっかりと理解しておくことが必要です。ただ早くしておいほうが良さそうではなく、あえてこの時期に治療をしておくのは何のためなのか、治療の目的をしっかりと理解・納得された上で治療をお受けになってください。

このように大人の治療も子供の治療もそれぞれメリット・デメリットがあります。歯並びが気になったら、とにかく早めに受診し、いつ治療していくのが良いのかしっかりと説明を受けておかれることをお勧めします。

(顎の成長)
大人の場合は成長がないので骨格の改善は全く期待できません。そのため大きな骨格性の問題がある場合は外科的な対応が必要になります。それに対して子供は成長期なので骨格の改善が期待できます。ただ成長期だからといってどんな骨格でも自在に変えることができるわけではありません。骨格はかなり先天的要因(遺伝的要因)に支配されているため、骨格に対する矯正治療の効果はかなり限定的と考えるべきです。骨格に対する治療は無理をしすぎないこと、矯正治療をお受けになられる方も期待しすぎないことが肝要です。

(歯の移動)
基本的には子供でも大人でも歯の移動は可能です。違うのは大人の場合は基本的に全体の治療を一時期に行うのに対して、子供の場合はあくまでの部分的な治療に限られます。子供の時期の部分的治療だけでほぼ良好な歯並び・咬み合わせが得られることもありますが、部分的治療をしたからといって、必ずその後の歯並びや咬み合わせまで良くなることが約束されるわけではないことも知っておいて下さい。

(予防的対応)
大人の場合は、顎の成長も終わり歯列・咬合も完成しているため、悪い歯並び・咬み合わせは矯正治療で改善する以外に方法はありません。それに対して成長期の子供の場合は、治療だけでなく成長を阻害する要因を排除することでさらなる不正を予防したり、成長を利用して限界はあるものの悪い骨格を良い骨格にある程度コントロールすることができることもあります。

子供の矯正治療のメリット

  1. 部分的でも見た目が良くなる
  2. 早くから歯磨きがしやすいお口の環境作りができる
  3. 早くから虫歯予防(セルフケアの能力アップ)に取り組める
  4. 習癖や態癖などによる早期の対応で不正咬合の悪化を防げる
  5. 歯並びや咬み合わせによる悪い影響(歯肉退縮や顎関節症など)を早期に軽減できる
  6. 開咬(前歯が咬み合わない)や顎偏位(顎が左右にずれて咬んでいる)には早期の治療が効果的
  7. 上顎歯列の幅が狭く奥歯が交叉咬合になっている場合は早い時期ほど顎の拡大が効果的
  8. 過剰歯や欠損歯などの歯数の異常や埋伏歯や萌出困難歯などを早期に把握できる
  9. 奥歯の咬み合わせを正しくしておくとかスペースを作っておくと最終治療が容易になる
  10. 早めに対応することで部分的な治療だけですむ場合がある

子供の矯正治療のデメリット

  1. 治療に協力が得られ難い
  2. 治療がストレスになることがある
  3. 歯磨きができなくて虫歯を作る危険性が高い
  4. 子供の時に(早い時期に)治療したからといって全体の歯並び・咬み合わせが良くなるとは限らない
  5. 治療期間が長くなる
  6. スペース確保の目的での上下歯列の拡大はかえって咬み合わせを悪くする場合がある
  7. 過剰診療になる場合がある(正中離開や乱杭などは成長とともに自然に改善する可能性があります)

子供の矯正治療と歯列の拡大

デメリットにも書きましたが子供の矯正治療に関して少し慎重になった方が良い対応があります。それは顎の拡大です。前歯の交換の時期に、窮屈に生えてきたらすぐに「顎が小さいから矯正治療で歯を抜かなくて済むように早いうちに顎を拡げておきましょう」という対応です。非抜歯で治療することも顎を拡げることも悪いわけではありませんが、弊害が起きている場合もあるので慎重な対応が必要です。

(1)早期に拡大したからといって100%非抜歯治療が保証されるわけではない
(2)顎を拡げるといっても限界があるため結果的に歯列が拡がり過ぎていることが多い
(3)歯列が拡大しすぎた結果、歯や歯ぐきに無理が出ている場合がある
(4)上下の拡大に調和がとれていない場合はかえって拡大前より咬み合わせが悪くなっていることがある
(5)歯並びは治っても咬み合わせが治っていないことがある
(6)前歯が後退しないばかりか前突することもあり顔貌が悪くなっていることがある

矯正治療の目標は歯並びを治すだけではありません。歯並びだけではなく口元のバランスも考慮しながら正しい咬み合わせに改善することも大事な目的です。歯並びを改善するだけなら非抜歯で治せても、受け口や出っ歯など咬み合わせや口元のバランスが悪いような場合には非抜歯治療では十分な結果が得られないこともあります。基本的には口元のバランスなどは抜歯をしたほうが明らかに良くなります。

また非抜歯治療は早い時期だから可能で遅くなれば無理というものでもありません。そもそも小学低学年で交換してくる永久前歯は乳歯より大きいため窮屈に生え始めることはよくあることです。そしてその多くは顎の成長とともに自然に改善されていきます。窮屈に生え始めても慌てないで成長による自然治癒を観察することも大切です。状況が良い場合は成人でも非抜歯治療は可能なことはありますし、状況が悪い場合はいくら早期から拡大しても結局最終的には抜歯で対応せざるを得ない場合もあります。

そもそも長期間無理な拡大が必要になるようなケースは非抜歯治療の適応ではないと考えるべきです。長く治療を続けたことで歯に無理がかかったり、咬み合わせが悪くなったり、長期にお口に器具を入れていることで滑舌が悪くなったり、かえって弊害が出ることもありますし、矯正治療そのものが嫌いになってしまうことにでもなれば本末転倒です。

子供の治療に用いられる矯正装置(器具)

大人の矯正治療は、顎の成長も終わり歯列・咬合も完成しているため、基本的に上下全ての歯を動かし一時期に全体の歯並び・咬み合わせの改善を行います。それに対して子供の矯正治療の場合は、基本的に永久歯への交換の時期なのであくまでも部分的な治療になります。そのため矯正器具も大人の矯正器具とは違ってきます。部分的な治療でも歯を動かすために大人の矯正治療に用いるのと同じ器具を部分的に用いることもありますが、子供の場合は他にも「指しゃぶり防止」「顎の拡大」「骨格の改善」「永久歯のスペース確保」などさまざまな目的で多くの矯正器具が開発され使用されています。全ての器具を紹介できませんが、部分的矯正治療(子供の矯正治療)の実例を参考にして下さい。

部分的矯正治療(子供の矯正治療)の実例

指しゃぶりや舌の癖その他態癖などが原因になっていると思われるケース

①このような状態は開咬と言われ、奥歯は噛み合っていても上下の前歯が開いていて前歯が噛み合っていない状態を言います。遺伝的な場合もありますが、子供の頃からの指しゃぶりや舌の癖(舌を突き出すとかいつも舌が低位にあるなど)、鼻疾患やそれによる口呼吸なども原因として考えられます。

 

②タングガード(指しゃぶりと舌の突出防止)を装着するとともに舌の癖のトレーニングをし、③最終的にはセクショナルアーチと言う矯正器具を使って開咬は改善されました 。
④見た目も良くなりましたが前歯で物が噛めるようになり咀嚼効率も大きく改善されました。

上下の歯列の幅の不調和により下顎がズレて咬み合ってしまったケース

下顎がズレて咬み合っている状態を「顎偏位」と言います。普通に上下の歯を咬み合わせた状態で観察すると、上下の歯の正中が一致せずズレているためすぐ確認できます。原因としては、「指しゃぶり」「低位舌」「ほおづえ」「睡眠姿態」その他のさまざまな要因が考えられますが、不正咬合の中でも気が付いたらできるだけ早く対応しておいた方が良いものの代表例です。上顎の歯列が狭くなっていることが主な原因なので、拡大装置を用いて上顎を拡大することでかなり改善できます。特に10才ぐらいまでなら上顎は側方にかなり拡大することが可能です。
成長期を過ぎるまでそのまま放置すると大きな歪みを発症し、顎の手術をしないと治せない程の状態になることもありますので、気が付いた場合は早く相談されることをお勧めします。


①初診時です。上顎の歯列が狭いため下顎をずらして咬んでいます。②拡大装置を用いて上顎を拡大することでとりあえず顎偏位が改善され正中も合ってきました。③永久歯の交換が始まりましたが正中はあったままです。④すっかり上下前歯が永久歯に交換しましたが下顎のズレも無く正中も合っておりまったく問題ありません。

永久歯の治療前にスペースを作ることで非抜歯(歯を抜かない)で治療できたケース

矯正治療は現実的には抜歯(歯を減らす)か非抜歯(歯を抜かないで何とかスペースを作る)かのいずれかで対応します。抜歯をするほうが良いわけではありませんが、それぞれ一長一短なので必ずしもどちら良いとも言い切れません。 ただスペース不足が少なくて上下前歯が前突していないような場合には、永久歯列が完成する前に奥歯を後方移動させるなどしてスペースを作っておくことで、非抜歯での治療が可能になることがあります。

①このままでは左上犬歯の萌えるスペースが足りません。②③リンガルアーチとコイルスプリングという矯正器具を使って奥歯を後方移動させました。④最終的に非抜歯で犬歯を歯列に誘導することができました。

時期を過ぎても生えて来ない歯を早いうちに牽引して萌出させたケース

埋伏歯とは、何らかの理由で本来生えてくる時期を過ぎても顎の骨の中に埋まっていて出てこない状態の歯のことを言います。歯が出てこないまま放っておくと、既に生えている他の歯の健康な歯根を傷つけたり、隣の歯が移動してきて埋伏している歯の生えてくる場所がなくなったり、結果的に咬み合わせが悪くなったりします。またどうしてもでてこなかった場合は、さし歯やブリッジなど人工的に歯を作ったりすることが必要になるため、可能な限り埋伏歯は萌出させてあげる方が望ましいと思います。

 

①左上中切歯が埋伏しています。②順調に生えている歯に矯正の器具を付け、埋伏している歯を歯ぐきを切り取って(場合によっては骨も少し削らないといけない時も有ります)見えるようにした後、エラスティックという細いゴムなどを使ってゆっくりと牽引していきます。③無事所定の位置まで牽引ができました。④歯ぐきのラインもそろって見違える程きれいな前歯になりました。本人もとても嬉しそうです。

反対咬合を早期に改善できたケース

前歯部反対咬合は骨格性のものと非骨格性(歯の向きが悪い)のものがあります。基本的に骨格性のものは治り難く、非骨格性のものが治り易い傾向があります。部分的に治せても主に歯による改善で骨格は大きく変えることはできませんが、歯による改善が可能かどうかの確認にもなりますので、早い時期に治せる場合は治しておいて悪くはありません。

①前歯部反対咬合は咬み難いとか発音にも影響があるような場合もありますが、やはり見た目にも良いとは言えません。②③このような矯正器具で一応改善することができました。④咬みやすくなったと思いますが、やはり見た目にもとても良くなったと思います。

部分的に歯並びを治したケース

悪い歯並びは基本的には歯の大きさと顎の大きさの不調和で生じてきます。そのため早い時期に部分的に歯並びを治しておいたとしても、その後生えてくる歯もスペースが足りなくてまた歯列からはみ出してしまう可能性はあります(八重歯などが典型例)。そのようなケースでは最終的に全体の治療が必要になる場合もあります。もちろん部分的な矯正治療をしないで永久歯治療で対応しても治療は可能ですが、治療時期はずいぶん先になってしまいます。永久歯治療だと必ず全体の治療になりますが、部分的治療でまずまずの状態になることもありますので治療をしておかれても良いと思います。

➀前歯しか生えていませんが叢生・乱杭の状態がみられます。➁➂セクショナルアーチという矯正装置をたかって改善できました➃部分的でも歯並びがきれいになれば見た目が良くなりますし、歯みがきもし易くなり嬉しそうです。

非抜歯で改善できた上顎前突ケース

上顎前突とは相対的に下顎の歯より上顎の歯が前方で咬んでいる咬み合わせのことを言います。治療法としては、最終的に永久歯列になってからだと、上顎の歯を全体に後方移動させるとか、上顎の小臼歯を抜歯して上顎前歯を後退させるとか、重度の骨格性の上顎前突の場合には顎の手術で上顎骨を後退させたり下顎骨を延長させて改善を図る場合もあります。ただそれほど重度でない場合は、早期に対応することで手術も抜歯もしないで改善できる場合があります。

 

➀上顎の歯が所定の位置より前で咬んでいます。➁永久歯の交換期に上顎の大臼歯を後方移動させました。本来望ましい位置よりさらに後方に移動されています。➂➃そのお陰で抜歯をすることなく(非抜歯)で上顎前突を改善することができました。

咬み合わせの影響で起きた歯肉退縮が改善されたケース

歯肉退縮とは歯ぐきが下がることです。誤った歯磨き方法や歯周病、その他咬合(悪い咬み合わせ)などにより引き起こされます。一般的には加齢とともに起きてくることが多いのですが、若年者でも咬み合わせが悪いと起きてくることがあります。歯肉退縮の治療法にはいくつかの方法がありますが、基本的には下がってしまった歯ぐきを元に戻すことは非常に困難です。しかし歯磨きや咬合に問題がある場合は、早くその原因を除去してあげることで歯肉が改善してくる(クリーピング現象)場合があります。若年者の方が効果が高いと思われます。

 

①前歯部反対咬合の咬み合わせです。左下前歯は特に強く上顎前歯の力を受け外傷性の力がかかっています。歯磨きのし難さも加わってこのような歯肉退縮が起きてきたものと思われます。②③④歯磨き指導とプラークコントロールに注意しながら注意深く咬み合わせを改善していった結果、無事反対咬合は改善され、それに伴って歯肉退縮にも改善がみられています。
⑤⑥治療後もブラッシングに気をつけていくことでほぼ右下と同じ程度の状態に改善させることができました。

早い時期に矯正歯科を受診するもう一つのメリット

とにかく早い時期(子供の時期)に相談に来られることをお勧めするのにはもう一つ理由があります。それは私たちが見た目だけではなく歯の健康にも役立つ矯正治療を受けて欲しいと願っているからです。できればムシ歯のないきれいなな歯で矯正治療を受けていただきたいと願っているのですが、多くの患者さんが既にムシ歯を作っているのが現状です。小学生でも既に虫歯の治療を受けている子供さんが結構いらっしゃいます。

矯正治療で歯並びは治せても一旦ムシ歯にして治した歯は二度と元の歯にはなりません。できればムシ歯のない状態で来院していただきたいですし、矯正治療を始めるまでに虫歯を作らない予防の習慣を身につけて頂きたいと願っています。そのためにも少しでも早く受診していただきたいのです。

矯正治療を始める前からこんな歯になってしまっています

・・・もっと早く受診していただいていればと残念に思います

矯正治療を始める前からムシ歯で治療をした歯がありました。
矯正治療で歯ならびは良くなっても残念ながら一度ムシ歯で治療した歯は元には戻りません・・・もっと早くから虫歯予防に気をつけていたらと残念に思います。

矯正治療を始める前からムシ歯で治した歯がありません。矯正治療後もムシ歯のない歯はきれいです。



早い時期から長期にわたって虫歯の予防管理を行ないながら矯正治療を行なった結果、無事虫歯を作ることなく矯正治療を終わることができました 。

PAGE TOP